医療法人 慈照会グループ

天野記念クリニック

〒451-0025 名古屋市西区上名古屋四丁目3番6号
TEL:052-521-2788 FAX:052-521-2940

ホーム > 天野記念クリニック > 糖尿病の基礎知識 > メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム①

メタボ、メタボと言われているメタボリックシンドロームは、インスリン抵抗性、肥満、糖代謝異常、脂質代謝異常、血圧上昇といった、動脈硬化性疾患と2型糖尿病発症の危険因子が個人に集積した病態のことです。この同一個人に糖脂質代謝異常が集積されることは古くから知られていましたが、1999年に世界保健機関がメタボリックシンドロームと呼ぶことを提唱し、現在に至っています。メタボリックシンドロームの原因には、種々の要因が関与していると考えられていますが、インスリン抵抗性と肥満 (特に内蔵型肥満)が発症に深く関わっていると考えられています。インスリン抵抗性と肥満はしばしば同時に合併し、インスリン抵抗性の発症に肥満が深く関与していますが、身体活動の低下や加齢、内分泌異常、遺伝因子などほかの様々な因子もメタボリックシンドロームの発症に関与しています。

 

メタボリックシンドローム②

それぞれの民族によって体型は大きく異なるため、欧米のメタボリックシンドロームの診断基準を日本人にそのまま当てはめてもうまくいきません。そのため日本人独自の診断基準が必要となり、2005年4月に作成されました。日本の診断基準は、①ウエスト周囲径が、男性では、85cm以上、女性では90cm以上であることが必須です。それに付け加えて②中性脂肪が150mg/dl以上か、HDLコレステロール(善玉)が40mg/dl以下、③血圧で上が130mmHg以上か、下が85mmHg以上、④空腹時血糖が110mg/dl以上、と②から④のうち2項目以上ある場合、メタボリックシンドロームと診断します。太っていてなおかつ、脂質異常、高血圧、高血糖のうち、二つ以上ある場合メタボと呼ばれるということです。

 

メタボリックシンドローム③

メタボリックシンドロームの治療の目的は心血管疾患の予防と2型糖尿病の予防です。メタボリックシンドロームの治療で中心をなすのは、食事療法や運動療法、禁煙といった生活習慣の改善です。7%の体重減少と週 150分以上の運動療法を目標とした生活習慣改善群はしなかった群に比べてメタボリックシンドロームの改善とメタボリックシンドロームの発症の抑制が認められています。運動療法のみでも改善は認められますが、体重減少を伴うとさらなる改善が認められます。食事療法だけでもメタボリックシンドロームは改善されます。脂肪、塩分を滅らし、野菜の摂取を増やすことで改善します。