医療法人 慈照会グループ

天野記念クリニック

〒451-0025 名古屋市西区上名古屋四丁目3番6号
TEL:052-521-2788 FAX:052-521-2940

ホーム > 天野記念クリニック > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病病足病変

糖尿病病足病変

糖尿病足病変①

 糖尿病足病変には足趾間や爪の白癬菌症から、足趾の変形や足潰瘍、足壊疽まで幅広い病態が含まれます。足潰瘍や足壊疽まで進行しますと、長期入院や切断に至ることも少なくないので、患者のQOLは低下します。糖尿病足病変の特徴は、潰瘍や壊疽までに進行しても患者の自覚症状が乏しいことと、足の診察機会が少ないため、早期診断が難しいことです。足切断のリスクは白人に比してアジア人は約1/3と少ないです。しかし、日本の厚生省による糖尿病実態調査では、足壊疽の患者は微増しています。

 

糖尿病足病変②

 糖尿病足病変で切断に至る例の多くは足潰瘍が壊疽に進行したものです。その足潰瘍や壊疽の基礎病態は、糖尿病神経障害と末梢動脈疾患による血流障害です。ですから、糖尿病足病変を予防するには、神経障害によって足跡が変形したり、神経障害によって痛みを感じにくくなっている胼胝の段階で発見し、適切な処置を継続することが必要です。足潰瘍や壊疽になる頻度の高いハイリスク患者は足の診察を定期的に行うべきです。神経障害のある患者、末梢動脈の循環不全のある患者、腎機能が低下している患者、視力障害のある患者、糖尿病歴の長い患者が、ハイリスク患者にあたります。特に腎不全患者は、足の切断率が腎不全のない糖尿病患者の4~10倍になるといわれています。